ホーム ダウンロード ユーザー登録 ログイン ニュース FAQ サポート ログアウト
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
メインメニュー
Asterisk : NAT越えone way audio対応
投稿者: PePeZ 投稿日時: 2017/7/25 9:54:18 (157 ヒット)
Asterisk

音声が聞こえない、それも片側だけという状態をOne Way Audioと言います。Asteriskでよくあるトラブルです。

音声のトラブルのほとんどはRTPが相手に届いていないことで起こります。

rtpがどのようにやり取りされているか確認するためにはCLIで以下のコマンドを打ちます。

CLI>rtp debug on

これでasterisk内部でやり取りされているIPアドレスがわかります。

Got RTP(Asteriskが受け取ったRTP)
Sent RTP(Asteriskが送り出したRTP)

解決策

デバックして届いていないIPのルータのportを開ける
自分で手出しできるルータならば問題ないが相手方のルータに手出しができない場合が多い。テスト環境以外のほとんどがそうだと思う

そこで

ICEサーバ(STUN and TURNサーバ)を利用する。

Asteriskの設定

rtp.conf

[general]
rtpstart=10000
rtpend=20000
icesupport=yes
stunaddr=stun.hoge.com:3478 << stunサーバ:ポート
turnaddr=turn:turn.hoge.com << turnサーバ
turnusername=yourusername << ユーザ名
turnpassword=yourpassword << パスワード


WebRTCの設定

[{ url :'stun:stun.hoge.com:3478'},{ url :'turn:turn.hoge.com', credential: 'yourpassword', username: 'yourusername'}]

SIP Phone等はstunのみの指定でも大丈夫

ICEサーバはとりあえず公開サーバを探して指定すれば確認できます

stunだけだとある日突然繋がらないことが起こります。

必ずstun+turnの構成が必要です。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright 2003-2017ホームページ制作 Nine Stars(ナインスター)