ホーム ダウンロード ユーザー登録 ログイン ニュース FAQ サポート ログアウト
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
メインメニュー
投稿者: PePeZ 投稿日時: 2017/7/25 9:54:18 (246 ヒット)
Asterisk

音声が聞こえない、それも片側だけという状態をOne Way Audioと言います。Asteriskでよくあるトラブルです。

音声のトラブルのほとんどはRTPが相手に届いていないことで起こります。

rtpがどのようにやり取りされているか確認するためにはCLIで以下のコマンドを打ちます。

CLI>rtp debug on

これでasterisk内部でやり取りされているIPアドレスがわかります。

Got RTP(Asteriskが受け取ったRTP)
Sent RTP(Asteriskが送り出したRTP)

解決策

デバックして届いていないIPのルータのportを開ける
自分で手出しできるルータならば問題ないが相手方のルータに手出しができない場合が多い。テスト環境以外のほとんどがそうだと思う

そこで

ICEサーバ(STUN and TURNサーバ)を利用する。

Asteriskの設定

rtp.conf

[general]
rtpstart=10000
rtpend=20000
icesupport=yes
stunaddr=stun.hoge.com:3478 << stunサーバ:ポート
turnaddr=turn:turn.hoge.com << turnサーバ
turnusername=yourusername << ユーザ名
turnpassword=yourpassword << パスワード


WebRTCの設定

[{ url :'stun:stun.hoge.com:3478'},{ url :'turn:turn.hoge.com', credential: 'yourpassword', username: 'yourusername'}]

SIP Phone等はstunのみの指定でも大丈夫

ICEサーバはとりあえず公開サーバを探して指定すれば確認できます

stunだけだとある日突然繋がらないことが起こります。

必ずstun+turnの構成が必要です。


投稿者: PePeZ 投稿日時: 2016/10/6 7:57:00 (763 ヒット)

windowsを立ち上げるとハードウェアクロックがLOCALTIMEになってしまう。
なのにLinuxではUTCなのが標準なので+9されてまう。

hwclock --hctosys --localtime
/etc/adjtimeの3行目がLOCALTIMEになっていればOK

再起動しても大丈夫。


投稿者: PePeZ 投稿日時: 2016/10/6 7:02:00 (798 ヒット)

apt-get install bluetooth
systemctl enable blutooth
で起動時に認識するようになった。


投稿者: PePeZ 投稿日時: 2016/9/29 7:30:00 (967 ヒット)

USBでブートしているのだけど、
ブートメニューでpersistenceをデフォルトにしたいのとビープ音を消したいので対応した。

vi /lib/live/mount/persistence/sdb1/syslinux/live.cfg

menu defaultを

label live-persistenceの
menu label Live USB Persistenceの下に移動

vi /lib/live/mount/persistence/sdb1/syslinux/menu.cfg

menu title Boot menu ^Gの
^Gを削除

以上

これで目立たず起動可能になりました。


投稿者: PePeZ 投稿日時: 2016/9/29 6:06:00 (1528 ヒット)

kali linuxを久々立ち上げて、更新してみると


Err http://security.kali.org sana/updates/main Sources
404 Not Found
Err http://security.kali.org sana/updates/contrib Sources
404 Not Found
Err http://security.kali.org sana/updates/non-free Sources
404 Not Found

とエラーが出てupdateが上手くいかない。


http://security.kali.org/を見てみると
リポジトリが変わったって書いてあるので


This was Kali Linux's security package repository: http://security.kali.org/

With Kali Rolling (2016.x), this repository is no longer needed as security
updates come directly from new upstream releases to the Debian Testing
distribution.

It was kept alive as long as Kali 2.0 "sana" was available on the main mirror,
this is no longer the case and thus this repository is discontinued and will
be dropped in the near future.

You can find a backup of the sana/updates repository on old.kali.org if you
still need it. The corresponding entry in /etc/apt/sources.list would be:

deb http://old.kali.org/kali-security sana/updates main contrib non-free

-- 
Kali Linux, the most advanced penetration testing distribution, ever.
http://www.kali.org

READMEに書いてある通りリポジトリを変更してみる

vi /etc/apt/sources.list

# Regular repositories
deb http://http.kali.org/kali sana main non-free contrib
deb http://security.kali.org/kali-security sana/updates main contrib non-free
# Source repositories
deb-src http://http.kali.org/kali sana main non-free contrib
deb-src http://security.kali.org/kali-security sana/updates main contrib non-free



# Regular repositories
deb http://http.kali.org/kali sana main non-free contrib
deb http://old.kali.org/kali-security sana/updates main contrib non-free
# Source repositories
deb-src http://http.kali.org/kali sana main non-free contrib
deb-src http://old.kali.org/kali-security sana/updates main contrib non-free

chrome関係でもエラーがでるのでリストを削除

rm /etc/apt/sources.list.d/google-chrome.list

apt-get update
apt-get dist-upgrade

うまくいきました。

2016-2にする場合は
kali-rollingに変えれば2016-2になります。
でもすごく時間がかかるのでクリーンインストールしたほうが早いです。


(1) 2 3 4 ... 29 »
Copyright 2003-2017ホームページ制作 Nine Stars(ナインスター)